サステナビリティ方針POLICY

サステナビリティ方針

事業活動を通じて社会課題の解決に貢献し、社会と共に持続的な成長を目指す。

SPKグループは、「誠実(Sincerity)に生き、情熱(Passion)を持って仕事をし、親切(Kindness)な対応ができる企業人の集団」という経営理念のもと、「持続可能な社会の実現」と「グループの成長」の両立を目指します。私たちは、社会からの期待を真摯に受けとめ、企業活動を通じて社会に貢献し続けます。

推進体制

SPKグループでは、多様なステークホルダーの皆さまとのコミュニケーションを通じて、サステナビリティ推進戦略を迅速に実行するため、2021年4月より、IR・広報室(現 IR・広報部)を設置しました。IR・広報部は、全社的なサステナビリティ推進戦略の実行とその進捗管理の役割を担っており、グループ全体の環境、社会およびガバナンスを統合的に管理・推進し、適切な情報開示を行っています。

サステナビリティ推進戦略を全社的に推進するためには、社内におけるサステナビリティに関する問題意識の醸成や理解促進も不可欠です。そのため、IR・広報部は、関連各部署と積極的なコミュニケーションを図りながら、事業とサステナビリティを結び付ける取組を主導しています。IR・広報部は常務執行役員を部長に、総勢9名からなるメンバー構成で、気候変動への対応などを含めた経営判断に関わるESG関連の審議・承認を行っています。

推進体制イメージ図
(2023年7月1日時点)