自動車部品・用品および産業車両部品を扱う専門商社

SPK

メニュー

English Site

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

採用情報

RECRUIT

先輩社員メッセージ

国内営業本部 近畿営業所 営業担当:鈴木 敏幸

どのような仕事をしてこられましたか。
現在所属している部署ではどのような仕事をしているのですか?

鈴木 敏幸

入社後まずは商品の流れや取扱い品目を知るため、倉庫に入り商品管理の仕事に就きます。ここではメーカーより仕入れた商品の検品及び入庫作業、配送出荷梱包作業など、基本的な知識を身につけます。ある程度の商品知識を習得した後は業務部として配属されます。ここでは受発注業務やお得意先様の問い合わせに対して、電話やFAX、メールなどで対応します。業務部でも担当先をもって見積や発注を行うため、個々の責任能力が問われ、重要な仕事を任されます。 入社4年目には近畿営業所で営業を担当することになりました。現在は大阪、奈良、和歌山エリアを担当しています。お得意先様の視点に立った営業活動を心がけ、取扱商品の見積りや新商品の紹介、キャンペーンの提案等の商談を行っています。また社内での後輩の教育や指導も会社全体の底上げには欠かせない重要な仕事として取り組んでいます。

仕事のやりがいを教えて下さい。

鈴木 敏幸

一つは自動車部品の取扱いを通じて、クルマ社会に貢献にしていることです。
「安全と快適性」を追求し、全国の販売ネットワークを通じて常に高付加価値商品をお届けする。その為には、めまぐるしく変化する自動車産業に対応し、市場やユーザーのニーズをいち早く察知し、自ら創造していかねばなりません。売り上げの拡大、顧客満足の向上に貢献するためには、市場にあった商品の開発も行います。お得意先様を通じて情報を入手し、メーカーと交渉の末に製品化した商品が流通し、市場に認められたときは何ともいえない喜びを感じます。 もう一つのやりがいは、お得意先様と商談などを通して、「信頼関係」が築けるようになったときです。そのためには、まず自分がどのような人間か知っていただくことが大切です。誠実・情熱・親切な対応をモットーに「心」に響く営業活動を心がけています。

入社して成長できたと思うこと、今後の目標を教えて下さい。

一人の人間として成長できたことが一番ではないかと思います。入社する前の私は「人とのコミュニケーションをとること」があまり上手ではありませんでした。今でも上手とは言えませんが(笑)私たちの仕事で最も重要なことは、人と会ってコミュニケーションをとることです。普段の営業活動でのコミュニケーション能力は必須といえます。能力向上のためには、目の前にある自分の仕事に対し、真面目に全力で取り組むことです。
これからも目の前にあるモノを1つ1つ積み上げ、自己啓発を怠らずに自分自身の幅を広げていく。そして深い商品知識を身につけて、自分なりの考えや会社の考え方を取り入れてお得意先様へ提案していく。自動車のアフターマーケットを通じて、市場やユーザーのニーズに柔軟に適応し、付加価値の高い商品の開発及び提案を実施していくことで、クルマ社会に貢献していける存在になりたいと思います。

back

フッターメニュー

Copyright (c) SPK All Rights Reserved.