自動車部品・用品および産業車両部品を扱う専門商社

SPK

メニュー

English Site

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

採用情報

RECRUIT

先輩社員メッセージ

海外営業本部 営業推進部:稲葉 悠夏

どのような仕事をしてこられましたか。
現在所属している部署ではどのような仕事をしているのですか?

稲葉 悠夏

SPK海外営業本部では地域毎に分けられた営業部が海外のお客様に向けて自動車の補修用部品を輸出するビジネスをメインとしています。私の所属している営業推進部はこの輸出営業ビジネスとは別に新たなビジネスモデルを構築したり、営業活動がよりスムーズに行えるような体制づくりを行っている部署です。具体的には、海外生産品の輸入調達や新規商材の開発、自社ブランド製品のマーケティング、情報発信、海外拠点の窓口、海外研修生の受け入れなど業務は多岐に渡ります。全体の成長にとって必要な取り組みは何でも行っています。また、私は入社後にアジア営業部で輸出営業を経験した後に現在の営業推進部へ配属されました。営業の視点から見てどのような情報や体制が必要かを営業部時代の自身を振り返りながら考え日々業務に取り組んでいます。

仕事のやりがいを教えて下さい。

稲葉 悠夏

営業推進部では、海外調達先や国内の仕入先といったメーカーと協力して新しい商材を立ち上げることが多くあります。それらの商品がSPKの海外部や国内部の営業の手によりお客様に販売され、仕入先・SPK・客先が一丸となって育て上げた商品が多くの市場に受け入れられることは非常に達成感を感じられます。私にとってはそれらの商品を育て上げる過程でできる人間関係や商品への愛着もやりがいに繋がっていますね。仕入先と営業のパイプ役として双方に存在意義を感じ取っていただくだけの成果を残すことは難しくもあり、反面、営業推進の取り組みが営業活動によい影響をもたらすことがあるととてもうれしいです。また、自社ブランド製品の開発は入社する時には想像もしていなかった仕事で、パッケージデザインなどまで携わることができる面白味のある仕事です。自動車部品販売という枠組みを超えた様々な仕事を経験することができる点も営業推進部の良さだと感じています。

入社して成長できたと思うこと、今後の目標を教えて下さい。

稲葉 悠夏

当社では若手のうちから経験できる仕事の幅が非常に広いです。入社後早い段階から海外出張などの機会もあり、国を超えた様々な方々と関わる中で視野を広げることができました。営業推進部に配属されてからは社内でもこれまで仕事での関わりの少なかった営業、他本部、駐在員等のメンバーと一緒に仕事をすることが増え、多様なものごとのとらえ方や価値観、考え方に接する中で目の前の仕事だけではなくより大きな枠組みで考えながら仕事ができるようになったと感じます。今後もひとつの価値観に捉われず視野を広げ、その中で吸収した様々な価値観や考えを糧にどんどん新しい取り組みにもチャレンジし、営業をサポートしていきたいと思います。

back

フッターメニュー

Copyright (c) SPK All Rights Reserved.